診療のご案内

入れ歯(義歯)

入れ歯(義歯)

一度失った歯は二度と生えてはきませんが、その代わりになる歯を人工的に作ることは可能です。

失った歯が少数の場合には固定式のブリッジを作成する場合が多いのですが、多数の歯を失った場合や、残存歯 ( 残った歯 ) の状態が思わしくない場合には残念ながら取り外し式の義歯 ( 入れ歯 )になります。

入れ歯は人類最初の人工臓器とも言われ、世界最古の総入れ歯は日本で記録されています。

また、安土・桃山時代以降、仏師 ( 仏像を作る職人 ) がその技術を生かして柘植 ( つげ ) 、黒檀などの木を削って顎の型に合わせて作製し、歯の部分には動物の歯や人の歯などを埋めていたようです。

そのため、作製には大変な技術と労力が必要で、とても高価なものだったようですが、果たしてその適合はどうだったのか、と心配になります。

現在はその当時よりは簡単に作ることができ、見た目も歯肉、歯ともに天然に近い色をしており、とても自然観があります。また、義歯は保険で作ることができるため金額的な負担も軽減されています。

当医院では、初めて義歯を作られる患者様にはまず保険での義歯の作製をお勧めしております。丁寧に印象 ( 顎の型 ) を取り、作製した後、調整を重ねて行うことによって多くの患者様には痛みもなく快適に使用していただいています。

しかし、保険では使用できる金属の種類や材料、設計などに制限があるため、保険での作製では満足いただける義歯が作製できない症例があることも事実です。特に歯肉や人工の歯に主に使われるレジンという樹脂は、製作過程でひずみが出て変形しやすいため痛みが出やすかったり、強度が弱いため厚くなり違和感が大きいという面もあります。

また、部分入れ歯では残った歯に留め金をかけて入れ歯を固定するため、特に前歯に留め金をかけた場合審美性(見た目の美しさ)を失うことにもなります。

その他、しっかりかめない、あるいは外れやすいといった問題もあります。このような場合にも対応できるように当医院ではさまざまなタイプの義歯を作製しております。義歯に対する不満な点を解消できるよう対応させていただきますので、義歯でお悩みをお持ちの患者様は保険・自費にかかわらず一度ご相談ください。

保険義歯と自費義歯の違いの例

保険義歯と自費義歯の違いの例

保険義歯と自費義歯の違いの例

お口の中での違い
お口の中での違い
竹口歯科の外観
  • 〒732-0811
  • 広島県広島市南区段原2丁目1-7
  • 【TEL】082-264-7676
  • 【FAX】082-264-7768
  • 【診療時間】
  •  [午前] 9:00~12:30
  •  [午後] 14:30~18:30
  • 【休診日】水曜午後/日曜日/祝日
  • 【駐車場】あり(2台)
詳しいアクセスはこちら
24時間予約受付フォーム